カート
ユーザー
商品
カテゴリー
ブランド・メーカーで探す
コンテンツ
お尻周りが大きなシルエットから、細身で現代風に作り変えられたオシャレなもんぺ
もんぺ
12,100円(税込) 〜 13,200円(税込)
12本
各オプションの詳細情報
オプション
 SML
ストライプ(ベージュ)/ 13200円
13,200円(税込)
0本 売切れ中
グレー / 13200円
13,200円(税込)
0本 売切れ中
ライトブルー / 13200円
13,200円(税込)
0本 売切れ中
ホワイト / 13200円
カツオ縞(グレー)/ 12100円
購入数

もんぺ
12,100円(税込) 〜 13,200円(税込)
「もんぺ」と聞くと凄く昔の人が着ていた服に感じる人も多いのではないでしょうか。
お尻周りが大きなシルエットから、細身で現代風に作り変えられたオシャレなもんぺが実は沢山あります。

見た目はもちろんですが、またいちの塩スタッフが驚いたのはその着心地。
細身とは言うものの、伸縮性や絶妙な太さはどのパンツよりも履きやすく、動きやすい。

着れば着るほど体に馴染み、吸水性も良く、すぐ乾く!
特に暑い季節には、涼しくてサラリとしたその着心地にもう手放せないアイテムです。

S・M・Lの3サイズ
うなぎの寝床 もんぺ
左から順にS・M・L

柄は5種類

・ストライプ(ベージュ)/ 13,200円



・グレー / 13,200円



・ライトブルー / 13,200円



・ホワイト / 13,200円



・カツオ縞(グレー)/ 12,100円




前面、右側にポケットがついています。


うなぎの寝床


久留米絣という伝統工芸が今でも残る福岡県南部の筑後地方。
うなぎの寝床さんはこの地で地域活性化の取り組みを盛んに行っています。
最初のスタートがこのもんぺの制作。
元々昔からもんぺの生地が織られていた地域だった事もあり、「もんぺは今の時代でも履けるのではないか。」と着方の提案や布の開発をしてきました。

久留米絣について。

・生地の風合いの良さ。
久留米絣を織るのは主に機械です。その名も「シャトル織機」
機械と言っても60年以上前から使われている昔ながらの機械。
現代の織機に比べると織る速度はゆーっくり。その為、糸に必要以上の負荷がかからず、柔らかい生地を織りあげる事が出来るのです。

・柄や模様の作り方。
多様な柄と模様は全てプリントではありません。
織る前の糸を1本1本染め分け、その糸を織る事で出来るもの。
糸を染め分けて織る事で、無地、縞、チェック等よく知る柄から、たてよこ絣、つまみ染、文人絣などの様々な種類の柄や模様を作ります。
機械を使うといえど、人の手を必要とします。人の手を必要とする部分も久留米絣の面白み、味わい深い部分です。
この商品を購入する

この商品を買った人は
こんな商品も買っています